高血圧の予防だけでなく、塩分の取りすぎは日常的に控えたいものですが、濃い味が好きな方、お酒を飲まれるかたにとってはなかなか難しい問題です。
 もちろん食事を美味しく食べるために必要不可欠なお塩ですが、味付け以上に必要とする場合、求められているのはインパクトではないでしょうか?

 減塩しょうゆをご使用の方は既にご経験があるかと思いますが、同量の(減塩でない)しょうゆと比べた場合、やはりどうしてもインパクトに欠けて、通常よりも多く使ってしまう傾向があります。これではいくら減塩しょうゆを使っても結果的には同じ。弊社の燻製醤油の原料は関東三段仕込みの濃口醤油なので、原料そのものは減塩に繋がりませんが、お客様から「普通のしょうゆより濃く感じる」「インパクトがあるので少ない量で済む」など、少量で満足感が得られるというお声がたくさん上がっております。

 当WEB内の「煙の美味しい秘密」https://kazusa-smoke.com/himitsu でも触れていますが、燻製の香りは味を濃く感じさせ、深みやコクといった立体感を生み出す効果があります。これは弊社燻製しょうゆだけに留まらず、燻製オリーブオイルや他の製品にも同じことが言えます。

普段のお料理のレシピを少し減塩してみてください。そして燻製オリーブオイルをひとかけ。これだけで同じお料理が大変身。和洋中のメニューを選ばずにインパクトある味が表現できます。